家庭でできるねずみ退治の方法

天井から小さな足音がしたり倉庫に黒い細かな糞が落ちていたら、それはねずみの仕業かもしれません。

衛生環境の向上によって日本ではかつてほどねずみが家庭に出ることはなくなりましたが、それでもまだ一部の家には住み着いています。



ねずみは物をかじって壊すだけでなく、伝染病の感染源にもなります。


ねずみの存在に気づいたら早めにねずみ退治をしましょう。

ねずみ退治を専門に行う業者もありますが、コストがかかったり時間の調節が大変という人もいるでしょう。

ねずみ退治の方法に関する疑問を解消してください。

そこでホームセンターやドラッグストアで購入できる駆除グッズで家庭でできるねずみ退治の方法をご紹介します。
よく知られているのが毒のえさを置いておく方法です。
これは臭いでねずみをおびき出して食べさせることで駆除するので、置いておくだけの手軽さが人気です。


しかしねずみがえさを巣に持ち帰った場合などは死骸を確認できないため、退治できたのかどうか不確かなことが弱点です。また間違って幼い子どもやペットが食べないよう十分に注意する必要があります。
次に粘着シートやかご式・ばね式の仕掛けで生きたねずみを直接捕らえる方法です。


これは毒えさと違い確実に駆除を実感できますが、捕らえたねずみを家庭で処理しなければなりません。


またねずみの通り道に置く必要があるため、まずは通り道を探さなければならないといった負担があります。またこの方法でも子どもやペットが触らないよう注意してください。

リクナビNEXT JOURNALの検索がとっても楽になりました。

特にばね式の仕掛けは強力なので、挟まれると骨を折ってしまうこともあります。